フリーランサー 安藤美冬さんに学ぶ、WHAT(何をするか)ではなく、HOW(どう生きるか)

こんにちは!販促家族代表秘書の沼田です^ ^

今回は、私が人生において影響を受けたうちの一人である女性起業家さんご紹介します^ ^

フリランランサー / 安藤美冬さん

 

安藤美冬さんは、何をするのかでは無く、『どう生きたい』に焦点を当てて「新しい働き方」を生み出し、
「ノマド」ブームの火付け役になった方です。

「ソーシャルメディアでの発信とセルフブランディング」
「テーマを持って複数の仕事をする」
「ノマド的な在り方を追求する」

の3つを軸としてお仕事をされており、情熱大陸をはじめ、各メディアにて大活躍されていらっしゃいます!!

 

自分らしく、自由に働く

 

大手出版社の集英社にて働かれていた安藤さんは、独立を決めてた1年前から、経営者やフリーランスを中心として様々な業種の人に会ったり、本やセミナーで勉強をしてたとの事。

その期間に、自分にはどんなスキルがあって何を磨けば独立した際に仕事が来るようになるのか、というのを具体的に考えてはいたものの、実際に「何をやるのか」は、会社を辞めてから考えていったんだそう。

ただ、やりたいことがなくても

「スーツを着ない」「営業をしない」「ルーティーンワークをしない」

という3つのこだわりを持たれ、その結果として生み出したのが、

「ソーシャルメディアの発信と徹底的なセルフブランディング」「テーマに沿って、複数の仕事をすること」そして、「ノマド」といった働き方。

テーマに沿って複数の仕事を。という事であれば、ルーティングにならず、日々色んな仕事ができますし、ソーシャルメディアの発信と徹底的なセルフブランディングは、こちらから営業をしに行かなくても、興味のある人が相手の方から訪ねてきてくれますもんね!!!

 

WHAT(何をするか)ではなく、HOW(どう生きるか)

 

「どう生きたいか」というところに軸をあわせられれば、あとはそこに仕事を当てはめていくだけとおっしゃる安藤さん。

どんな人生を生きたいのかであったり、どこに住みたいのかといったライフスタイルを考えること。

自分の生きたいスタイルにノマドが沿えばそれは目指せばいいし、

自分は一つの会社で極めていきたいというのなら、そうすれば良い。

すべては「どう生きるか」に合わせて自分で考え、自分で決断することが大事とのこと!

最後に・・・

私はずっと直感でこれまで生きてきた中で、ざっくりと『自分がどうなりたいのか』であったり、『どんな人たちに囲まれていたのか』のかといった軸はあったのですが、ずっと『何がしたいのか』がが全然見えなかったんですね。

「将来、何がしたい」っていう問いに答えられない自分にもどかしさを感じていたんですけど、安藤美冬さんの考え方に触れて、「あ、今の自分のままでいいんだな」ってって思えたんです。

大事なのは『どう生きたいか』であって、それに近づけるなら、手段はなんでもいいなって。

自分が成りたい自分になるために、今この手段を使ってるだけであって、違ったら変えればいいだけなんだなって!

 

今回、安藤美冬さんをご紹介させていただいた事によって、誰か1人にでも「どう生きるか」を考えるきっかけを提供できたら幸いです^ ^

安藤美冬さんの日々のご活動に関しましてはぜひこちらからご覧ください!!

Facebookページ:https://www.facebook.com/andomifuyu?fref=ts
HP:http://qreators.jp/qreator/andomifuyu

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で販促家族をフォローしよう!