セールスプロモーションとは?〜売り方の手数を増やし事業拡大する方法〜

セールスプロモーションとは、販売促進とほぼ同義。潜在顧客に対する需要刺激活動。

セールスプロモーションは、以下の3つの活動に細分化することができる。

  1. 消費者向けプロモーション
  2. 小売業者向けプロモーション
  3. 社内向けプロモーション

それぞれを説明すると。。。

1.消費者向けプロモーション

その名の通り、消費者に向けたアプローチ。値引き、記念品、おまけ、景品の付帯、試供品の提供、実演販売、イベントなどがある。初回購入のハードルを下げたり、潜在顧客に試用を促すことで、購入した後の価値を事前に伝える手法。

 

2.小売業者向けプロモーション

直接消費者に向けてアプローチするのではなく、小売業者に向けて「販売することでのベネフィット」を強め、間接的に消費者に働きかけるやり方。特別陳列、店頭での値引き、売上数に応じた報奨金、バックリベートなどがある。

 

3.社内向けプロモーション

社内の営業部隊またはメディア運営スタッフの意識を高める活動や、スキルを向上させる活動。セールスマニュアル、発信マニュアルの制作、販売コンテストの実施、個人による売上に応じたコミッションなどがある。

 

スタートアップに於けるプロモーションの手順

スタートアップや個人事業主の場合には、消費者向けプロモーションが主になるが、成果が出だしたら、ビジョンを共有できる営業マンや他の事業主と紹介パートナー契約を結び、小売業者向けプロモーションを行うことで、販売促進のスピードを劇的に上げることができる。更に余裕が出てきたらスタッフを募り、その教育に時間を費やすことで、更に仕組み化を進め事業を拡大することができる。1〜3の順番で、丁寧に施策を打っていくと、安定して且つ加速度的に事業拡大に繋がる。

 

コストゼロ!具体的な、販促方法は?

販促に関する有益情報や、具体的は販促アイデアを、販促家族のFacebookページで毎日楽しく発信しています。「売るモノはあるのに、なぜか売れていない。。」という事業主さんは「いいね!」を押して情報をゲット!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で販促家族をフォローしよう!