商品の価値や良さを「ストーリー」で伝えましょう。【コストゼロの販促アイデア】

こんにちは!販促家族管理人の福田美香です。本日もコストゼロでデキる販促アイデアをご紹介していきます!!!

 

今回のテーマは「ストーリー」です。あなたの商品やサービスが生まれ〜完成するまでに沢山の物語やエピソードがあったかと思います!!そのストーリーを開示することで、あなたの商品やサービスのファンがつくのです!!では、事例とともにご紹介していきますね♪

 

実際にあった実話の紹介はかなり説得力を増す!

商品やサービスの価値や良さを伝えるのに、実際にあった実話を伝えることで、かなり説得力が増します。その商品やサービスにまつわる体験談や、あなたの想いなどを伝えることで共感者が増えるのです。本当の良さや実感を感情をこめてさりげなく語りかけるのです。聞いている側にとって身近な実話を用意し、ストーリーの中に商品が持つ価値や感情を表現することで、興味を引きつけます。

 

ストーリーを使った販促事例

❶BeforeとAfterの劇的な変化を感情と共に伝える

・あるものの変化にまつわる感動的なエピソード
・ある変化と同時に起こる大きな感情の変化を伝える

 

あるものを使う前の状況が客観的にわかるものと、使った後の状況を同じ条件で比べたものを見せると効果的です。変化が起こることにより、嬉しい感情表現とともに伝えるのがポイントです。また嬉しい変化が起こった時に、つい口にする言葉を「キャッチコピー」に使うと良いでしょう。

 

❷抱えていた問題と、解決後の感情を伝える

・手に入れてから起こった幸せな場面を伝える
・問題を抱えている人の多さや身近さをまず実感させる

 

まずは、抱えている問題を発見してもらう事から始めます。そして、その問題がどれだけ大変なのか合わせて伝えます。また問題を抱えていることの身近さやその多さなど、データを使って訴えかけるのも良いでしょう。そして最後にその問題を解決し、悩みから解放されて起こった幸せな感情や出来事を味わうことで一気にあなたのファンになってくれるかと思います。

 

❸悩みや苦しみから解放された感情を第三者から伝えてもらう

・悩みごととその解決後の嬉しい気持ちを伝える。
・ある繰りしみから解放された人の感情(言葉)をたっぷり伝える。

 

悩みや苦しみについての体験談や実話は、かなりの共感を生みます。また第三者からその苦しみから解放された体験談や実話を聞く事で興味を引くことができます。客観的なデータや統計などを示すことができたら信用も得られるようになります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

体験談や実話、ストーリーは人の感情を動かし、人の行動を促すことができるのです!なぜ、あなたがこの商品を作ったのか?なぜ、このサービスを作ったのか?WHYを伝えていきましょう!!!

 

また、第三者にあなたの商品やサービスを体験してどうなったのか伝えてもらうと、かなり効き目がありますよ!!!!

 

コストゼロ!具体的な販促方法は?

販促に関する有益情報や、具体的は販促アイデアを、販促家族のFacebookページで毎日楽しく発信しています。「売るモノはあるのに、なぜか売れていない。。」という事業主さんは「いいね!」を押して情報をゲットしましょう。

「いいね」はこちら↓↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で販促家族をフォローしよう!