バリバリ働きたい男こそ結婚すべき。結婚したら仕事も加速した話。

こんにちは。
販促家族の福田泰仁です。

 

ぼくは、仕事人間です。
働くことが善だと信じているからです。
( ぼくの哲学に関してはこちらをお読みください。)
↓  ↓  ↓

娘が小学生になったら、すぐ起業させたい話。

2017.10.10

そんな、仕事にしか興味がなかったぼくが、1年半前に価値観を覆され結婚しました。
( ぼくの価値観がどう覆ったかに関してはこちらをお読みください。)
↓  ↓  ↓

あなたをエロい目で見れません?そんなの関係ない。2週間で結婚を決めさせた秒速クロージング術。

2017.10.11

 

当時のぼくは、30歳になるまで結婚をしないと心に決めていました。結婚することがリスクだと考えていたからです。結婚をして家庭を持つと、仕事に費やす時間が減り、生産性が下がると信じていたのです。

 

が、しかし、、、、、

 

ひょんなことから結婚してみると、結婚するまで知り得なかった多くの利点が見えてきたのです。結果、収入も生産性も上がりました。

今回は、ぼくが結婚してみて初めてわかった「結婚することの利点」を4つにまとめてみました。

 

利点① 責任感が増し、行動量が増えた。

まず、なんと言ってもこれです。プレッシャーが3倍になりました。そもそも、最低限稼がなければならない金額が増えたので、事業主のぼくは「自分1人が生活できる分だけ稼げればいいや」というわけには行かなくなったのです。同じ生活水準や経費を確保するとなると収入を上げる必要性が否応無しに出てきました。

また不思議なもので、家族の生活費を確保できるようになってからも、「どうすればもっと妻を楽にできる?」「どうすれば子供の選択肢を増やせる?」「どうすればもっと稼げる?」と、いつも考えるようになりました。

結果、事業に対して新しいチャレンジができるようになったり、行動量が増えました。感謝です。

利点② 家族からアイデアを出してもらえるようになった。

秘書は居ましたが、完全独裁体制で事業を回していたぼくに、客観的な意見(指摘)が入るようになりました。

ぼくは楽観主義で「まあ、これで行けるっしょ。」的な経営判断をすることが多く、それによって失敗もしてきました。ですが今では、ノリでぼくが新しいことを始めようとすると横から妻が「それって本当に大丈夫?」「今やるべき仕事?」「あなたがやるべき仕事?」と横槍をザクザク入れてきて、ニヤニヤしているぼくを真顔に戻します。

地に足のつかない夢見がちなぼく(男性は女性に比べてこのタイプが多いかも)の足を、地につけてくれる妻のお陰で着実に仕事をいただけています。

利点③ サボれなくなり、無駄な時間が減った。

自宅が仕事場であるぼくは、独身の頃、仕事の時間もけっこうサボっていました。集中できないからと3時間くらい散歩にでかけたり、youtube地獄にハマったり、本を読みまくったり。。

今では妻がいつも監視してくれているので(汗)、仕事の時間は仕事に集中できる(しないと怖い)ようになりました。お陰でいい具合に緊張感を持って働けています。

利点④ 生活リズムが整った。

独身時代は、徹夜とかを普通にしてしまっていました。夜中仕事をして、朝寝て、夕方起きるみたいなことになる日も多かったです。

が、今では起きる時間、寝る時間、ご飯の時間はガッチリフィックスされているので健康的になりました。外食も一気に減って、自宅で美味しい料理が食べられるようにもなりました。まじで幸せです。

これによって、仕事のルーティンができてスケジュールをコントロールしやすくなりました。

利点⑤ 癒しの時間が増え、仕事にメリハリがついた。

娘が産まれてから、仕事以外で極上の楽しみ時間ができました。音楽を聴きながら娘とお風呂に入る時間や、抱っこ紐をつけて散歩する時間は唯一、仕事のことを忘れて頭がデトックスされる感覚です。

この時間の後、仕事に戻ると、スピード感が桁違いになります。メリハリまじで大事です。

 

まとめ

結婚を決める直前まで「 結婚することはリスクでしかない 」と考えて居たぼくですが、結婚を機に生活のコントラストがバキッとついてビジネスが加速した経験から今では「 結婚することで仕事も加速するよ! 」と、当時のぼくに言ってあげたいです。

「独身だから仕事ができている」と思い込んでいる事業主の男性は、一度だまされたと思って結婚してみることをオススメします。

結婚は、人生を豊かにします。

 

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「販売促進に関するオモシロお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で販促家族をフォローしよう!