第1話「逆算を知らない男の末路」逆算のジーニアス

ナレーション:
これは、究極の場当たり起業家が、世界を変える会社を立ち上げるまでの話。男は、その夜、売上頭打ちの呪いに苦しんでいた。。

ナレーション:
そう、彼の名は。。。ジーニアス福田

ジーニアス:
くそ。。。忙しすぎる。。。(どん!)

ジーニアス:
気づけば起業してもう1年。こんなにも営業まわりを繰り返し、仕事を受注してきたにも関わらず利益は横ばい。
最新のセールス方法は全て網羅してきた。。

なのに働く時間だけが増え、最終的に手元に残る利益は月に20万円にも満たない。。。
これでは会社員をしていた頃と何もかわらないじゃないか!!

ジーニアス:
「うおー!!!今まで俺は、何をしてきたんだ!!!」
半年前。。。

俺は広告代理店で、グラフィックデザイナーとして働いていた。
仕事に対しての熱量は誰にも負けないという自負はあった。

ジーニアス:
うおーー!!!!!!仕事楽しいー!!!!!

しかし、俺は周りの同僚や先輩との巨大な価値観のギャップを感じ初めていた。

同僚・先輩:
「仕事だりー。」「早く帰りてー。」「ぼく、社畜やでー。」

ジーニアス:
毎日毎日繰り返される先輩の愚痴や、仕事に対する後ろ向きな姿勢に足を引っ張られ、いつまでも仕事の生産性があがらない日々に耐えられなく成った俺はある日。。

どん!!!

ジーニアス:
うるさーい!!!!!!!だまれー!!!!!!!

ジーニアス:
お前ら辞めたいならやめろー!!!!今すぐ会社を去れー!!!!!!

同僚・先輩:
なんだジーニアス。。。どうした!?

ジーニアス:
もうお前らに足を引っ張られるのはうんざりなんだよ!!俺はもっと文明を進めるような、クリエイティブな仕事がしたいんだ!!!!お前らのような給料泥棒と一緒に仕事をしていては、クライアントに価値あるクリエイティブなんて提供できる訳がない!!!!!去れー!!!!!!!

同僚・先輩:
「社長!大変です!!デザイナーのジーニアス福田が、急にやばいことになっています!!!」

社長:
なに!?

1ヶ月後。。。

俺はなぜか、自分が会社を去ることになっていた。

ジーニアス:
北風が冷たいぜ。。。こうなったらもう、自分で会社を立ち上げるしかない。。

ジーニアス:
起業だー!!!!!!

ジーニアス:
まずは机と椅子、パソコンやペンタブも新しく買って、デザイン関連の資料も揃えた。名刺や自社のロゴも作ってと。。。

これで自分のブランディングは完璧だ!!!
まずはフリーランスのデザイナーとしてガツガツ社会の問題を解決していくぜ!!!!
。。。。。。。。。。
その時俺は、気づいてしまったんだ!

ピキーン!!

ジーニアス:
し、、、し、、、、

カッ!!

仕事がない
!!!!!!!!!!

そして次の瞬間。。。

どんどんどん。

ジーニアス:
だ、誰だ!?

ガチャ。。。

大家さん:
大家です。家賃の支払いが滞ってるんですけど、どうかしました??あとうるさい。

ジーニアス:
その時俺は、更に気づいたんだ!

パキーン!!

ジーニアス:
か、、、か、、、

どん!!!

金がない
!!!!!!!!!!!!!!

誰よりもデザインスキルはある!!!社会をよりよく変えるという想いもある!!!ビジネスについてもアソシエやプレジデント、日経ビジネスで大量に学んできた!!!

なのに、起業した途端、何をしたらいいのか、全くわからない!!!!!!!!!!

うおーー
!!!!!!!!!!!!!

大家さん:
ちょっと静かに!!汗

ナレーション:
ここから福田は、どのように現状維新を立ち上げ、デザインチームをつくっていくのだろうか。

第2話に続く。。。
↓  ↓  ↓  ↓

第2話「セールスゾンビと謎の女」逆算のジーニアス

2017.12.05

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「販売促進に関するオモシロお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で販促家族をフォローしよう!